排泄 of 乳保hozanji-wel


 0歳児の頃から決まった人にトイレに連れていってもらったり、オムツを交換してもらったりすることで自然と繋がりができ、一人ひとりに合わせた適切な援助を保育士が行うことができます。決まった大人がお世話をすると、パンツをはくことや便座に座ることを嫌がっても、その子の状況がよくわかっているので「今日は嫌なのね。じゃ、先生がしてあげるね。」などの言葉掛けができます。子どもも気持ちを受け止めてもらえたことで次へ気持ちが切り替えられるのです。

DSC01866.JPG

DSCN0038.JPG0歳児
DSCN0034.JPG1歳児前半
DSCN0028.JPG1歳児後半
DSC01855.JPG2歳児前半
DSCN0033.JPG2歳児後半

ページの先頭へ